実例*ビフォーアフター

〖実例*片づけコンサルテイング〗 収納力もUP!無印の衣装ケースを使ってお子様のベッドを作りました

こんにちは。
おうちが一番のパワースポット
片づけコンサルタントのMicoです。






お引越し前の3月からサポートさせていただいている
大阪市のN様邸




6歳のお嬢様から

「ベッドが欲しい!!」

と言われたけど


小学生になって
部屋のレイアウトが
ある程度決まってから
買おうかと考えていて
どうしようかと
相談を受けました。





子供部屋が5畳ぐらいの広さなので
シングルベッドを置いてしまうと

本やおもちゃを置くスペースが
限りなく狭くなってしまう状態




確かに今すぐ買うことは
やめておいた方が得策なので
無印の衣装ケースを使った
手作りのベッドをご提案しました。




手作りベッドは
ルームスタイリストの講座を受講した時に
先生から教わっていたので
ちょうど役に立ちました♪






①まず、衣装ケース6個を背中合わせで並べます


衣装ケースのサイズは
幅55 × 奥行44.5 × 高さ30cm

このように並べることで
幅 165 × 奥行 89 × 高さ30cmの
ベッドになります





画像には載ってませんが
後で衣装ケースどうし
ガムテープで固定しました。



壁側の衣装ケースは
出し入れができないので
手前側にのみ
お子様のバッグや
知育関係のおもちゃなどを収納。




ゆくゆくお子様の成長や
部屋のレイアウトに合わせて

衣装ケースの
組み合わせ方を変えるだけで
ベッドを作ることができるので

このやり方を知っていたら
大人になっても
使えるベッドです!








②本来なら、すのこを敷く前に
補強のためのコンパネを敷くことをおすすめします。


今回は、
コンパネを用意する時間が間に合わなかったため
N様の同意のもと、直接すのこを敷きました。


手作りベッドのサイズに合うすのこを
N様が楽天で見つけてくれました!

すのこの香りがとっても気持ちいい!








③お布団を敷いて、完成♪

敷布団のサイズが長かったので
ヘッド代わりなるよう
曲げてみました




これまで
お父さんとお母さんの間で
毎日寝ていた6才のお嬢様が


この日から
ベッドで一人で寝るようになって
すごく喜んでいると
嬉しいお言葉をいただきました!



子どもにとって
初めてのベッドって
本当にワクワクしますよね(´艸`*)