実例*ビフォーアフター

〖実例*片づけコンサルティング〗引越当日、翌日の2日間でパントリーを仮収納!

こんにちは。
おうちが一番のパワースポット
片づけコンサルタントのMicoです。


今年の3月にご依頼を頂き
お引越の準備からサポートさせていただいている
大阪市天王寺区のN様邸。


ようやく5月下旬にお引越し日が決まり
お引越し当日と翌日の2日間で
まずは日常生活に必要なモノだけを
ある程度使いやすく仮収納しました。



その一部がパントリー兼納戸。






お引越し前の家から新居まで
歩いて10分ほどの距離という
とっても近い場所だったので
事前に拝見し
お引越し日までにカラーボックス2個を
用意して頂くようお願いしました。







引越当日は、ある程度カテゴリー分けしながら
とりあえず収納する場所へ一時収納
















N様でカラーボックス1個を組み立ててくれてたので
即利用できました

引越当日はとにかく効率よく作業を進めることが優先なので
パントリー内に収納するモノは
ざっとカテゴリーごとに仕分けしながら
とりあえずの収納。





そして2日目。






ある程度モノの定位置を決め
カラーボックス左側は食品のストック
カラーボックス右側は日用品・薬・掃除用具


パントリー兼納戸の下段部分は
奥と手前に分けて使用していく予定なので
高さ75cmまでのワゴンを探し中。







○で囲んである部分は、
非常用品(備蓄品)をまとめてます。


いざとなった時しか使わないので
あえて奥の位置にしましたが
下に台車を敷くことで
簡単に出し入れできるようになります。

他にも使い勝手を考えた収納用品で
出し入れしやすく
在庫管理もしやすい
パントリー兼納戸に仕上げていく予定です(^-^)